2019 F@N Communications Inc.

お問い合わせ一覧

  • square-default
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン

人の可能性を支援したい。人事×コーチとして人生を楽しむサポートをしたい



ーInterviewー


人事×ライフコーチとして、人の可能性を支援


ー歩んできたキャリアについて教えてください!


現在は広告会社で人事マネージャーとして採用や研修など、人の育成に関わる仕事をしています。 新卒からこれまで経験した5社では、ずっと人事で採用や育成などを担当してきました。業界は不動産→人材→ITサービス→広告という感じですね。

学生時代はソフトテニス一本で、正直将来どんな仕事をしたいとかがなかったので、とりあえず3年で仕事をやめて結婚しよう!とか甘いことを考えていました(笑)

ちょうど新卒で入社した年にリーマンショックがあって。なんとか3年働いたのですが会社の経営が厳しくなってしまったので転職を決めました。

新卒でたまたま採用の仕事をさせてもらって、もっと採用の仕事をしたいと思ったので、エンジニア派遣の会社のリクルーターとして転職しました。


・・・

ーずっと大阪にいたそうですが、何がきっかけで東京に来たんですか?

2年くらい働いたところで結婚をして、夫と一緒に東京にきました。半年ほど専業主婦をしていたのですが、仕事をしないのが苦痛で(笑)ひとまず東京で就職したのですが水が合わず、すぐに前職のITサービスの会社に転職しました。

その会社ではリクルーター活動だけでなく、採用設計と育成に携わったんです。ただ目の前の学生の対応をするのではなく、どのような採用フローを設計して採用し、どうやって育てていくかみたいな。そこで人材育成に興味を持ちました。



そこから育成と中途採用を両立してやっていたのですが、「もっと育成の方に力を入れたい!」と思い転職を決意。ベンチャーの方が縦割りでない仕事ができると思い、現職の広告会社に転職しました。



今は自分で研修の内容を考え、講師もやり……という形で仕事をしいていますが、これからも人の可能性を支援したいと思っています。

最近は個の成長や可能性にさらに興味が沸き、コーチングの資格をとってコーチとしての活動をしています。「ライフコーチ」として、相談者さんの人生の伴走者のように関わっていきたいと思っています。

・・・


正解は自分の中にある。自分や人と向き合うポイント


ーずっと人事をしていて、変わったことはありますか?

元々は「やるならちゃんとやる」と自分に負荷をかけるタイプだったり、正解はこうだと決めている部分もありました。

でも最近は、自分の幅が広がってきたように感じていて、「こうあるべき」みたいな考えが緩和されましたね。

会社のメンバーやコーチとして関わる方と接する時も、自分がやってよかったと思える、自分自身が自分に価値を感じることを大切にしてほしいと思っています。

誰かと比較する必要はないし、自分がそこに意義を感じていればいいのかなと思います。

あとは自分を俯瞰して見るようにしています。

もちろん落ち込む時はあるのですがその時は「いま気分が落ちてるな」と認めてあげること。そうしてどんな自分でも受け入れてあげればそこまで悩むこともなくなりますね。


相談者の声

えるもさん(24歳/女性)​ ☆☆☆☆☆

未経験で採用広報の仕事がしたかったので、採用広報のキャリアや仕事内容について聞きました。はじめてキャリア相談をしてみましたが、話してみて不安だったことが解消されたり、この先のキャリアプランを考えることができました。

ようこさんは考えを否定せず、常に優しく話を聞いてくれました!途中で「なんで採用をやりたいの?」などの質問をしてくれたので、自分の価値観について深く考える場面もあったのがすごくよかったです。

体験記事→『社外メンターにキャリア相談をして見えた私のキャリア設計』


#人事 #コーチング #ベンチャー #転職 #30代キャリア